ちょっと横浜方面へお仕事。




image

相棒の座れるキャリ夫(zucaちゃん)



相棒のキャリーバッグをガラガラさせてると何か違和感。


なんと片方のハンドルがグラグラして外れてしまったではないか!
とにかく応急処置だけして現場へ急行。


image

ほぼ毎日約12kgをガラガラさせてりゃ壊れるよな



仕事はほっといてとにかくzuca表参道に電話!
すると部品代4320円ですぐ直るそうだ。
素晴らしい!

仕事をチャッチャ終わらせて、原宿のオシャレな街並みを作業服安全靴で通過してzuca表参道店へ!




image

キャリ夫修理中…


ハンドル交換だけでいいのに、無料でファスナー修理と全体の増し締めと清掃やってくれた。
親切だなぁ〜


普通のキャリーバッグだと基本的にはメーカー返送修理。
2週間くらい掛かって、修理代もバカ高いんだよね。
ハンドル交換で1万円弱、タイヤ交換7000円程度。
新しいの買ったほうがいいんじゃね?という価格。
しかしzucaは違う。
お店に行けば部品があるのだ。送料掛かるけどパーツ単体で注文できる。
ちょっとした工具があれば自分でも交換可能。

ちょっと高かったけどzucaを購入した決め手はココなのよ。
ハンドル4000円、タイヤ2300円。
その他ストッパーなどの細かい部品も売ってるのよ。

今までのキャリーバッグで1年以上トラブル無しは初めてじゃないかな?
ま、頑丈だと思って割と雑に扱ってたからハンドルくらい壊れるよな。


とにかく頑丈。毎日ヘビー使う人にはオススメですね。
たまの旅行にしか使わないんなら無駄かな?


こんなzucaも1年ちょっと使ってみると不満な点もないことも無い。
▼キャリーバッグそのものが重い
▼容量がちょっと小さい
▼折りたたみ傘が入らない
▼A4の書類が入れにくい
▼重い物入れて転がすと不安定


パーフェクトな製品なんてあるのだろうか?



そんなオシャレな表参道から上野→新潟に来た。
寒くない!