出張報告書


出張に行った話とかメシの写真とか。

ダイエットは明日から?  いや、ダイエットは来世から     基本(´゚∀゚)モフモフ♡

ゆるく再開してみましたけどね

アメフト

1・3東京ドーム 試合結果

今日は後楽園ホールじゃなくて東京ドーム!


アメリカンフットボール日本選手権
第69回ライスボウル



image



結果 

パナソニック 22 - 19 立命館大学


いやー、なんて素晴らしい試合なんでしょ!
この試合見なかった人は人生損したと思うわー


image


東京ドームもほぼ満席です!

麻生太郎のキックオフも盛り上がったしね。



最後の最後まで勝敗の分からないゲームだったけど、トータルするとパナソニックのミスがここまでゲームを面白くしたって感じかなー
ゴール前のミス、キックリターンのミス …等々
それがなければ余裕でパナソニックが勝ったかもしれないね。
でも4Q立命館の気合は凄かった!


image



今シーズン、ボウルゲームは全て面白かった!









おまけ


image

どれくらい速いのかイマイチわからない






image

これはスゴイ 人間こんなに飛べるんだ〜





image

12/14 ランチは弁当 JXB行きたい

今日は弁当

image


カレー味のもやしがマズい。



JXB間に合うかなぁ〜
早く行っても富士通社員やPanasonic社員がかなり陣取りしてるんだよね。
まぁ、お金出してもらってるんだから仕方ないか。

行きてぇなぁ〜



image


チケット10枚あるけどぼっちで行くよ!

関東大学アメフト、入替戦への熾烈な争い

俺の中で5年ぶり2度目のインドカレーブームが来たらしい。


とはいえ、ハズレばっかり。

先日の近所のカレー屋に続いて今日もハズレカレー引いてしまったよ。



image



もうね、見た目でアウト。
食べてみたらやっぱりアウト。
ナンもダメ、カレーもダメ。

それでも混んでいるのは日曜日の新宿だからだろうな。

ウマイ、というか俺好みのカレー屋に出会えるのはいつになるか・・・




そんなマズーなカレーを食う前はアメフト観戦。


image


関東大学2部Bブロック 桜美林大学vs防衛大学校

桜美林大学 55-3 防衛大学校

桜美林大学は次節の成蹊大学戦に勝利するとBIG8との入替戦進出決定となる。
成蹊大学は次節、引き分けか勝ちで入替戦出場が決まる。
しかし、上に勝てるレベルかというと厳しいかな。

桜美林大学はアメフト部にだいぶ力を入れている大学だから、BIG8に定着する日もそう遠くはないだろう。
防衛大はOLがヒドイな。たまたまゲインしたのはQBラン。
ブロックが良くて出たプレーなんてほぼ無い。Dはタックルが甘い。




11月15日現在の関東大学アメフトの状況をまとめてみましょうかね。


1部TOP8
優勝 早稲田大学 →東日本代表校決定戦へ進出決定 →勝てば甲子園ボウル
▽11/29日大vs法政の勝者 →12/6トーキョーボウルへ(盛り上がるのか、コレ?)
▽日体大と専修大はBIG8とのチャレンジマッチ(入替戦)へ 順位は11/21に決まる


1部BIG8
立教大学は1位確定 TOP8との入替戦 次節日体大vs専修大の負けチームと
▽11/28帝京大vs東海大
 東海大勝利→拓殖大がTOP8入替戦
 帝京大勝利→11/29拓殖大vs立教大 
          拓殖大勝利 →拓殖大入替戦
          拓殖大敗戦 →帝京大入替戦
東海大は2部との入替戦決定 拓大、帝京大は2部との入替戦回避確定
▽11/28アミノバイタルフィールド 
 13:45〜 一橋大vs東京大
       東京大勝利 →駒沢大、横国大、一橋大が2部との入替戦へ
       一橋大勝利 →次の試合へ
 16:45〜 駒沢大vs横国大 (前の試合で一橋大が勝ちという前提)
       駒沢大勝利 →横国大、一橋大、東京大が2部入替戦へ
       横国大勝利 →得失点差によるが駒沢大、横国大は確定
               前の試合一橋大が勝ったけど・・・
               得失点差+24以下 →駒沢大、横国大、一橋大が入替戦へ
               得失点差+25   →駒沢大、横国大が入替戦へ。 一橋大と東京大の抽選でハズレくじを引いたチームが入替戦へ
               得失点差+26以上 →駒沢大、横国大、東京大が入替戦


2部は大混戦だからわかんねーな。
▽2部Aの東京学芸大学はBIG8との入替戦確定だが順列は確定していない。
▽2部Bの国士舘大は1位決まりでBIG8の7位or8位との入替戦確定。


で、合ってるのかな?




アメフトって難しいね。

高校アメフト東京都大会2015秋week2

ども。

たまにはアメフトネタ。



先週から始まった高校アメフト東京都大会。


image




1回戦
合同B(電大附+明法) 42-0 正則高校
(想像以上の大差)
堀越 8-8(タイブレイク0-1) 日工大駒場
(接戦予想だった)
駒込 6-30 海城
(まぁ、予想通り)
都市大附属 8-60 明学東村山
(昨年関東大会出場の都市大なのに?)
都三田 0-0(タイブレイク2-1) 合同A(昭和第一+聖学院+正則学園)
(両QB壊れての接戦)
都片倉 33-6 日大一
(予想通り)


というタイブレイク決着が2試合もあるという好ゲームでした(たぶん)。
東京都高校アメフトは3回戦までのタイブレイクはゴール前3ydのいわゆるトラポン合戦(キック無)。
準々決勝からは普通のタイブレイク方式。
昔はコイントスだったんだけどねぇ〜

1回戦は正式8分、2回戦から正式10分、準決勝以降関東大会決勝、クリスマスボウルは正式12分。
都大会の準決勝から外計時になります。
時間を管理するスポーツなのに選手も観客も時間経過がわからないという謎もあるけどね・・・



そんな今日は2回戦。


image




日大鶴ヶ丘 41-0 麻布
(麻布がもうちょい善戦してくれると思っていた)
都富士 6-35 日大豊山
(まぁ予想通り)
駒場学園 41-0 日体荏原
(予想より荏原ががんばったかな)
都片倉 14-28 東海大高輪台
(3Qまで同点で4Qに高輪台が14点取ってるんだけど)
早稲田実業 3-0 日大櫻丘
(春大会と同じ対戦)
城北 24-0 日工大駒場
(思っていたより大差)
合同B 34-40 明治学院
(合同Bがんばったなぁ)
明学東村山 44-14 海城
(3Qまでは大接戦)
都三田 0-90 足立
(見ててかわいそうだった)




というわけで、次週は3回戦ですね。



image




日大鶴ヶ丘高校Gr.

日大鶴ヶ丘 vs 日大豊山
→う〜ん、やっぱり日鶴かなぁ?

早稲田大学高等学院 vs 駒場学園
→注目の一戦!早大学院に初戦の硬さがあれば駒場に勝機あり!?


都立戸山高校Gr.

都立戸山高校 vs 東海大高輪台
→3年生の居ない秋の戸山は戦力不明

都立西高校 vs 早稲田実業高等部
→やっぱり西?でも早実のQBがいいんだよなぁ〜


日大三高Gr.

日大三高 vs 城北
→まぁ三高だろう。

中大附属高校 vs 明治学院高校
→この対戦は予想できない。どっち?


佼成学園Gr.

佼成学園高校 vs 足立学園高校
→注目の大一番!ミスした方が負けるね。

日大二高 vs 明学東村山
→接戦で日大二高かなぁ?


佼成Gr.10:30の佼成vs足立を見て終わり次第鶴ヶ丘Gr.へ移動して早大学院vs駒場学園を観戦するというのがいいかなぁ?
徒歩30分くらいかなぁ?タクシー乗ったらあっという間だね。

平成27年東京都春季高校アメフト決勝戦

春の高校アメフト東京都大会もいよいよ大詰め!






まずは3位決定戦




都立西高校 vs 日大三高 





image



結果

都立西高校 14−21 日大三高



まぁ、三高の個人スキル勝ちだね。点差以上に日大三高の余裕勝ち。
前半は0−0で折り返したんだけどねぇ。
三高のインターセプトリターンタッチダウンで集中力が切れたかな?

しかし三高のブロックやタックルは厳しいね。痛そう。






















決勝戦

佼成学園 vs 早稲田大学高等学院





image


結果

佼成学園 19−35 早稲田大学高等学院




こちらも早大学院の圧勝。選手層が厚いわ。
つまらないミスがあったものの、最後は3本目が出てくるなど余裕。
途中から佼成#6のRBが出てこなくなったんだけど、ケガでもしたのかな?




そんなわけで春季東京都大会は




1位 早稲田大学高等学院
2位 佼成学園高等学校
3位 日本大学第三高等学校
4位 東京都立西高等学校





 関東大会は5/24から始まります。中間テストが終わってからね。

抽選会!

image


平成27年春季高校アメフト東京都大会抽選会


個人的な見どころは
▽早大学院の山に都立戸山
▽駒場学園の山に足立学園がいて都立西高もいる
▽日大鶴ヶ丘の山に日大三高
▽日体荏原vs日大豊山
▽都立戸山vs明治学院


勝敗予想は難しいね
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

訪問者数

    最新コメント
    記事検索
    LINE読者登録QRコード
    LINE読者登録QRコード
    メッセージ

    名前
    メール
    本文